引越し自分

春は進学や就職、転勤などで住み慣れた土地を離れて新しい生活を始める方も多いですよね。

寂しさに浸っている時間も無いほどに、引っ越しという大変な作業が待っています。
主人の転勤で、何年かに一度はこの作業がやってくる私でも慣れることなく、毎回ため息のでる作業なんです。

業者に頼むにも、この時期の引っ越しは日にちの都合がつかないこともしばしば・・・。
出来るだけ自分で引っ越しが出来れば、自分のペースで荷造りをして運べるので気持ちは楽ですよね。

その際に、大きな家具や家電の移動や、リサイクル品をどのように処分するのか調べておきましょう。

スポンサードリンク

引越し自分で荷物を運ぶ方法はどうすればいいの?

引越し自分

引っ越しを自分の力で成功させるためには、まずは運ぶものの量、専門家に頼んだ方が良い大きな家電を運べるのかというところにあるでしょう。
私の主人は、一人暮らしの頃から転勤が多く、いつも自分で引っ越しをしていたようですが、同じ県内の転勤のため車に乗るものは何度か往復して引っ越しを済ませていたようです。

また、転勤が多い会社に勤めている場合、会社の仲間たちがお互い協力してくれるようで、一人では出来ない大きな荷物を運ぶことも出来たようです。

そして、自分の車で一回もしくは何回か往復しても構わないは範囲の距離かということも大切ですよね。

高速を利用しなければならなかったり、大きな家電等を慣れないレンタルしたトラックで運ぶことやガソリン代等を考えた時に、業者に何としても頼んだ方が良い遠距離であれば、自分で引っ越しをするのは断念した方がよいでしょう。

引越し先で家電の移動はどうした?

引越し自分

引っ越し先での大きな家電の移動は、かなりの重労働ですよね。

冷蔵庫や洗濯機となると、一人では到底無理です。

引っ越しを機に、処分する場合はリサイクルショップに取りに来ていただいたり、なんとか数人で運び出して、地域のエコセンターに持参して処分することは出来ますが、なかなか持ち運んで再度設置するのは大変ですよね。

新しい賃貸にいきなり傷つけるのも怖いですが、引っ越しに慣れており、成人男性を何名か手伝いに呼べるようでしたら、ホームセンターなどで時間単位で軽トラックを貸し出ししたりしていますので、荷物を載せて、ドアやぶつけて傷が付いたら困るところに初めに布団やバスタオルなど厚手の布を張り付けて慎重にゆっくり運び入れましょう。

また、電化製品によっては取り付けが難しく、これであっているのか悩むものもありますよね。

その場合は、火事や感電の原因にもなりますので、必ず近くの家電量販店へ相談しましょう。

スポンサードリンク

引越しでいらないものリサイクルか処分はどうするの?

引越し自分

引っ越しの度に、かなりの量ゴミを捨てている気がしますが、また次の引っ越しの時にも捨てようか悩む大物があるものですよね。

私はいつも、リサイクルショップに自分で持参できるものは持参し、取りに来てもらいたい大きな荷物は、事前に予約をして見積もりに来てもらいます。

この際、引き取ってもらえない商品の可能性も有りますから、必ず引っ越し予定日よりも余裕をもった日にちで頼むようにしましょう。

また、最近では「メルカリ」をはじめとした、自分は要らないと思っているものも、他の誰かにとっては今一番欲しいものである可能性を発見できる売買アプリも存在しますので、ものによってはリサイクルショップを利用したり、捨てるのはもったいないものもあるかもしれませんので調べてみましょう。

引越し自分でやる方法まとめ

引っ越しの季節、毎回大変な作業に憂鬱になってしまうところですが、日ごろから少しずつ荷物を整理整頓したり、必要最低限の荷物にしておくことも引っ越し作業を楽にさせますよね。

新生活には楽しみや期待もたくさん詰まっています。
皆さんが早く新しい環境にて、活躍できることを期待しています。

スポンサードリンク