引越しの段ボール
引っ越しが決まったら必ずやらなければならない荷造りなのですが、頻繁に引っ越さない人にとっては慣れない事で大変だと思います。

まず段ボールはどこで入手できるのか、購入するなら値段はいくらが相場なのか。
手に入ったら今度はどう詰めればいいのか、処分する物の処理方法などなど疑問だらけですよね。

今回の記事ではそれらについて説明しましたので、準備の前にぜひ読んで参考にしてみてください。

スポンサードリンク

引越しの段ボールはどこで購入するの?もらえるの?

引越しの段ボール

一番簡単な方法は、契約した引っ越し業者さんに頼む事です。

といっても多くの場合、見積もりの時点で担当の方が段ボールの枚数を見積もってくれていると思います。
そして大体は無料で提供してもらえる事が多いので、実はあまり心配する必要はありません。

しかし中には有料である場合もありますので、見積もりをしてもらう際には必ず無料であるかを聞くようにしましょう。
万が一有料であった場合も、『他の所では無料と言われたのですが・・・。』と言えば無料にしてもらえる事が多いです。

問題は途中で足りなくなってしまった場合です。

引っ越し当日までに余裕があれば、すぐ担当業者さんに電話をして持ってきてもらえばいい話なのですが、余裕が無い場合は間に合わない可能性が高くなります。
そんな時にはなんとか自前で用意するしかなくなってしまいますので、できるだけ余裕を持って荷造りをしたいものですね。

引っ越し業者さん以外にもネットショッピングで購入する事はできますが、料金もかかってしまいますし配送にも結局時間がかかるのであまりおすすめできません。

引越し用段ボールの値段やサイズは?

引越しの段ボール

段ボールは基本的に業者さんから無料でもらえるので心配はいらないと先ほど書きましたが、実は自前で用意する事によって見積金額が安くなる場合があります。

ただ、段ボール自体の値段も一番よく使うMサイズ10枚で1800円前後が相場です。そして更に送料などがかかってきます。
以上の事からタダで段ボールを手に入れる事ができる環境でない限り、手間を省くという意味でも引っ越し業者さんにお願いするのが無難でしょう。

お次はサイズですね。

段ボールのサイズは S / M / L とありますが、ほぼMサイズとLサイズのみで済ます事ができると思います。
それぞれの用途はMサイズが重量のあるもの(本や食器など)で、Lサイズは軽いもの(衣類など)に使います。

重いものをLサイズの段ボールにパンパンに詰めてしまうと、重すぎて大変な事になりますよ!
更に重いだけではなく、底が抜けてしまう可能性も出てくるので荷造りの際に間違えないよう気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

引越しの段ボールは詰め方のコツは?処分はどうする?

引越しの段ボール

さて最後に段ボールへの詰め方と、いらない物の処分方法です。

むやみやたらに段ボールへ詰め込んでいくと荷解き作業の際、後悔する事になりかねません。

コツその1.軽いものほど大きい段ボール、重いものほど小さい段ボールに詰める。

上にも書きましたが、これを守るのはとても大事です。
箱を選ぶ際には、『軽いものは大きいサイズ、重いものは小さいサイズ』と思い出して詰め込んでみてみてくださいね。

コツその2.箱へ詰める際は、できるだけ同じ場所のものをかためて詰める事。

その際、段ボールの側面と上部にマジックペンで元あった場所と内容、できれば引っ越し先のどの部屋に持って行くかを書いておきます。
こうする事によって荷解き作業がスムーズに行え、『どの段ボールに入っているかわからない!そもそもあの段ボールどこ行った?!』なんていう事も防止できます。

コツその3.大事なもの、壊れやすいものは必ず緩衝材を挟む事。

これは説明するまでもないと思いますが、『大丈夫だと思っていたけど、いざ箱を開けたら壊れていた・・・。』なんていう悲しい事にならないよう、面倒ですがしっかりやりましょう。
新聞紙が一番お手軽ですが、新聞紙を入手できない場合は緩衝材をあらかじめ購入しておきましょう。
少量であれば100均にも売っていますが、大量に使わなければならない場合はアマゾンなどで買った方が楽ですよ。
ロールで販売されているので惜しみなく使う事ができ、値段も1000円以下で購入できますのでコストパフォーマンス抜群!

あまっても何かを送る際などに使えますし、大変おすすめです。

最後に持っていきたくない、処分しておきたい物の処理方法です。

荷造りをしていると必ず出てくると思いますが、引っ越しが決まったらできるだけ早く計画的に、お住いの地域のごみカレンダーに沿って処分してください。
特に回数が少ない『粗大ごみ』は注意してくださいね。
引っ越し日までに間に合わないと、一緒に持っていく事になってしまいます。

(引っ越し業者さんによっては有料で引き取って頂ける場合もあります。
急な引っ越しなどで時間のない場合は、事前に問い合わせて相談してみるのも手かもしれません。)

引越しの段ボールまとめ

いかがでしょうか?慣れない作業に加え重労働でもあるので、引っ越しは本当に大変ですよね。
今回の記事では、段ボールの知識と基本的な梱包方法について解説しました。

要所要所をしっかりと抑え、何よりも期日に余裕を持って作業をする事で問題なく引っ越しをする事ができますよ!
引っ越した後の事も考えながら梱包するという事も大事ですね。

思わぬ事態を招かぬよう、しっかりと準備をしてから引っ越し当日を迎えたいものです。

スポンサードリンク