引越しの時期安い

何かと出費がかさみがちな引っ越し。

でも実は転居のタイミングをほんの少し工夫するだけで引っ越し料金を抑えることが出来ちゃうんです!

今回はなるべくお金をかけずに引っ越しをしたいという方のために、引越し料金を安くする方法について紹介します。

スポンサードリンク

引越しの時期が安いのはいつ?曜日と時間は?

引越しの時期安い

一年を通して、一番お値打ちなのは11月。
この時期は全国的に人の移動が少なく、引っ越し業者にとってはいわゆる閑散期にあたります。
さらに真夏ほど暑くなく、真冬ほど寒くもないので、引っ越しするには最適な季節です。

また、曜日別に見ていくと土日祝よりも平日の方が安い傾向にあります。
中でも狙い目は火〜木曜日。
月曜日や金曜日は有給を取り、土日とくっつけて3連休にする人もいるので、金額を抑えたいのであれば避けた方が無難です。

どうしても土日しか休めない!という場合は時間帯を工夫するのも一つの手です。
引っ越しの時間帯は主に「午前便」「午後便」「フリー便」の3つに分けられますが、この中でお得なのは何といっても「フリー便」。
フリー便というのは作業の開始時間を指定せず、業者の都合に合わせて荷物の移動を行うプランです。

ただし、基本的には当日の一番最後の時間に回されることが多く、作業終了時刻が深夜になってしまうなんてことも。

安い分それなりのデメリットがあるので、きちんと理解した上で時間指定するようにしましょう。

引っ越しの時期で多いのは?

引越しの時期安い

一年の中で一番引っ越す人が多いのはやはり3月〜4月です。

この時期は転勤や進学などによる移動が増え、一気に忙しくなるため引っ越し業者も料金を高めに設定しています。

さらに繁忙期だと荷物を移動させるトラックが空いておらず、予定通りの日に引っ越せないという事態が発生することもあります。

価格交渉も出来ないことがほとんどなので、引越し日をずらせるのであれば3月〜4月以外の月に行うのがおすすめです。

スポンサードリンク

引っ越しの時期で金額が違う!相場はどれくらい?

引っ越し料金は閑散期か繁忙期かだけではなく、荷物の量や移動距離によっても変わるのですが、仮に一人暮らしで移動距離を15km圏内とした場合の相場は以下の通りです。

通常期(5〜2月):約29,000円
繁忙期(3〜4月):約54,000円

あくまで目安ですが、15,000円の差は大きいですよね。

ちなみに上記の金額を出すにあたってこちらの料金シミュレーション
引越し侍の引越し一括見積比較サイト
↓   ↓   ↓

を参考にしたのですが、様々なシチュエーションの料金相場を知ることが出来るので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

この引越し一括見積サイトの利用方法についてご紹介している記事があります。
参考にしてみてください。
>>>引越しするなら引越し一括見積もり比較しないと損をするって本当?

引越し料金を安くする方法まとめ

今回は引越し料金を安くする方法について紹介しました。

曜日や時期によって料金を抑えられるということを知っていれば、値引き交渉もしやすいのではないかと思いますので、これから引越しを考えている方はぜひ参考にしてください。

【人気記事】
▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!!
引越しするなら引越し一括見積もり比較しないと損をするって本当?

スポンサードリンク